社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >公開講座.comとは

 

このページのもくじ
公開講座.comとは
公開講座の特徴

大学の公開講座を利用するメリット

このサイトの利用方法

受講料について

公開講座受講Q&A

公開講座と似た言葉
このページへのリンクについて

大学関係者の方はこちらをご覧下さい

 

 

公開講座.comとは

公開講座はこのような声から出来上がりました

  • 何か勉強してみたい!

  • でも、いろいろな大学の講座を探すのは大変

  • 講座内容や料金、場所、授業時間を選べない?

こんな要望に応えるために公開講座.comは出来上がりました。

 

公開講座.comはいろいろな視点から大学が主催している公開講座・生涯学習を紹介しています。

  • ジャンル別

  • 沿線別

  • 開催直前の講座

  • 1回だけの講座

  • 無料の講座

  • 曜日別に開催されている講座

  • 大学一覧

  • Pick Up(公開講座がオススメする講座)

 

 

現在は東京を中心とした大学だけの情報ですが、これからどんどん情報量を増やしていく予定です。

 

公開講座の特徴


公開講座.comでは大学で開催されている公開講座・生涯学習の情報を掲載していますが、大学が開催する講座には大きな特徴があります。それに併せて公開講座.comでは以下の様な特徴があります。

1つめ
公開講座.comは春(3月5日)と秋(9月5日)に講座情報のリニューアルがあります。
これは、大学が開催する講座の開講期間が大学の前期(春期)、後期(秋期、冬期)に併せて開催している大学が多いためです。そのため、講座の詳細が決定するのは春と秋の2回にほとんどの講義が決まります。それに併せて公開講座.comの講座情報も春と秋にリニューアルしています。

2つめ
公開講座.comでは開講が終わった講座も掲載しています
これは、 各大学では毎年または前期・後期で同じ時期に似たタイプの講座を開講している場合が多いためです。
もしも前期に受講したい講座が始まってしまった場合には、後期に同内容の講座が始まっていたり、来年同じ講座が開催されるなど、定期的に似た内容の講座が開催されます。
一度、受講したい講座が見つかったときにはその講座を受講できるチャンスはまだまだあるのでこまめにチェックしてみてください。

 

 

大学の公開講座を利用するメリット

 

  • 料金が安い

  • 大学の一流講師陣が講師を務めます

  • キャンパスというアカデミックな環境で学習できます

  • 大学内の図書館、食堂などの施設を利用できます

 

このサイトの利用方法

 

1、講座を検索する

公開講座.comのいろいろな検索機能から受講したい講座を探してください。
  • ジャンルで検索
  • 沿線で検索
  • 大学名で検索
  • 講座開始日で検索  など

2、受講資格を確認する

講座によっては受講資格があるものがあるので、受講資格を確認してください

主な受講資格は

  • 年齢

  • 性別

  • 地域在住or勤務・・・○○市在住または在勤の方に限るというものがあります

3、大学へ問い合わせ

希望の講座が決まったら、大学へ問合せ下さい。

各講座には定員があり、定員を超えている講座は受講できません。

問合せ方法は各大学によりますが、まずはメールで空き状況を確認して下さい

4、正式申込

受講可能が確認できたら、正式な受講申込です。

申し込み方法は大学により異なりますので、各大学の方式に従ってください。

主な申込方法は

  • 郵送orFAXでの申し込み・・・受講案内と一緒に用紙が送られてきます

  • WEBで申込・・・インターネットで申込が完了します

  • メールで申込・・・メールで申込が出来ます

5、受講料の支払

大学の支払い方法に従ってください。

主な支払い方法は

  • 銀行振り込み・・・受講案内と一緒に振込み用紙が送られてきます

  • 大学窓口での支払い・・・大学によっては窓口払いを受け付けているところもあります

※このサイトに掲載されている情報は必ず大学で確認して下さい。

 

受講料について

受講料金についても大学ごとに異なるので、それぞれ確認してください。

 

無料講座─ 無料で受講できる講座です
有料講座─ 有料の講座にはいくつか料金の種類があります

 ├・1回だけの講座

 │ (1回分の料金を支払う)

 ├・複数回実施している講座

 │  (10回連続の講座を10講座分まとめて料金を支払う)

 └・複数回実施しているが、参加1回ごとの料金講座 

     (10回連続の講座のうち聞きたい講座1回分だけの料金を支払う)

※受講料とは別にテキスト代金、手芸などでは材料費など、追加費用がある講座もありますので、詳細については受講申込時にご確認ください。

 

 

公開講座受講Q&A

 

 

Q.入学金は必要?

A.基本的に入学金はありません。

  ただし、大学により入会金や登録料といった初回だけ必要な料金はあります。  料金は2,000円〜20,000円くらいです。

 

Q.入学試験は?

A.入学試験はほとんどの場合ありません

 

Q.女子大の講座は男性でも受講できる?

A.受講できます。

  講座により性別制限があるものは除きます。

 

   

 

公開講座と似た言葉

公開講座は社会人向けに公開されている講座です。似た言葉としては以下のようなものがあります。

  • 公開講座

  • 生涯教育

  • オープンカレッジ

  • コミュニティカレッジ

上記の言葉はほぼ同じ意味として使われています。

これとは別に似た言葉は以下のものです。

  • オープンキャンパス・・・正規入学者を対象者(高校生など)への大学見学です

  • リカレント講座・・・一般の社会人の人々が再び教育の場に戻って最新の知識や高度な技術を修得し、それぞれの仕事に活用したり、また教養を深め感性を磨くためのリフレッシュ教育講座です。




このページへのリンク

公開講座へのリンクはリンクフリーです。
リンクにはトップページへのリンクをお願い致します。サイト内のページはURLが変更になることもあるので正常にリンク出来ない事もあります。

リンク先   http://www.kokaikoza.com/

また、リンクを貼りましたらメールなどでご一報頂ければ幸いです





 

 



  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告