関東を中心とした大学等が開催する社会人向け公開講座(生涯学習)をデータベース化。
現在、登録講座数は3,000以上。学びたい講座がきっとみつかります!

  資格取得カレンダー > 気象予報士

 

気象予報士

アメダスやひまわりなどの衛星による気象情報を分析し、特定地域の天気を予想することができる資格。
資格の種類 国家資格
試験日
毎年8月下旬、1月下旬
直近の合格率 5.9%
試験手数料 11,400円
関東地区の試験会場 東京都
受験資格・年齢制限
年齢・性別・学歴・経験に関係なく誰でも受験できる。ただし、大学の教養課程程度の気象学の知識と予報業務に必要な技能が必要。
試験勉強期間の目安 1年〜
試験の概要
試験は学科試験と実技試験があります。
学科試験は、予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式によるものとします。
主催団体
(財)気象業務支援センター 試験部
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-17 東ネンビル
TEL: 03-5281-3664
 主催団体のホームページ

 

広域な気象予報は気象庁が行い、局地的な予報は民間でも行われるようになった。この業務を行うための資格が気象予報士。

局地的な予報とは、たとえば、スーパーマーケットで明日の予想天気から商品の仕入数を決定したり、遊園地などの入場予測を行うことに利用される。

アメリカでは1000億円規模のマーケットだが、国内では発展途上になっている


 

気象予報士の資格取得の勉強が出来る講座





大学関係者の皆様へ 免責事項  広告掲載について サイトマップ このサイトはリンクフリーです
 

↑このページのトップへ