社会人のための公開講座・生涯学習検索サイト
sspace
トップ >
全データー(1659件)中、[全項目]「建築・インテリア」を含むもの(4件) を登録順表示

公開講座.comの特徴はこちらをご覧ください

広告

桜美林大学 
キャンパス名 )
淵野辺・町田
最寄駅 )
 

講座名) 色彩検定2・3級試験対策講座
ファッション・広告、出版業界・建築・インテリア等・・・幅広い分野で必要とされる資格です!
講座詳細) 講座番号90012
日常の洋服選びや資料作成の際、もう少し色について知っていたらと感じたことはありませんか?この講座では、そういった日常におけるカラーコーディネートから、ビジネスの世界でも応用できるカラーコーディネートまで、色彩の能力を幅広く身につけて色彩検定2級の取得を目指します。実際の講義では、カラーカードを使った配色演習に取り組んだり、雑誌を切り抜いてコラージュを作成したり、身近な事例を用いて、検定に合格できるレベルの色彩知識を楽しく分かりやすく学習していきます。また、検定の内容だけでなく、パーソナルカラー(似合う色)の内容も講座に含まれているため、インテリアや商品の色彩計画に応用として活かすことができる他、就職活動などに役立つセルフコントロール(第一印象プロデュース)のためのカラーコーディネートまで習得可能な講座です。
講師名)  
受講料) 桜美林大学(大学院)生・桜美林同窓生:44000円(再受講 21000円)一般:46000円(再受講 23000円) 入学金等)   教材費)  
開始日) 06/02〜11/10
開始時間) 13:00〜16:00
曜日) 土曜 回数) 全13回

芝浦工業大学・豊洲キャンパス 
キャンパス名 )
豊洲キャンパス(江東区豊洲)
最寄駅 )
有楽町線豊洲駅

講座名) みんなを守る! コンクリートをもっと知ろう!
講座詳細) 講座番号[18A803]
世界中で利用されている、身近なコンクリート。 周囲を見渡せば建物や橋、トンネルなど、生活に不可欠なコンクリートがたくさん。 でも、一体、コンクリートってどうやってできているの?何から作られているの? なんでこんなにたくさん使われているの?どれだけ強いの?本当に長持ちするの? そんなギモンにお答えします!コンクリートをもっともっと身近に感じてみましょう! 身近にあってもよくわからないコンクリートを自分で見て、触れて、どんなものなのか?なぜ固まるのか?調べてみましょう! 大学の実験室を利用して、本格的にコンクリートに触れてもらい、化学・物理なども体感できます!コンクリートをねったり、まぜたり、強さを調べたりします。 また、型に流してコンクリートの小物も作ります。お土産として持って帰れます! コンクリートはキミたちのこと、家族のこと、世界中のみんなのことを守っているのです。 縁の下のチカラ持ち、みんなを守るコンクリートのこと、もっと知ってみませんか? 夏休みの自由研究にもぴったりな講座です。
対象:小学3年〜6年生
申込締切:7月2日(月)
講師名)  
受講料)   入学金等)   教材費)  
開始日) 08/01
開始時間) 13:00〜15:30
曜日)   回数) 01

早稲田大学・八丁堀校舎 
キャンパス名 )
八丁堀校舎
最寄駅 )
八丁堀駅

講座名) 建築家たちの近代
講座詳細) 講座コード210419
講師名) 倉方 俊輔
受講料) 24985円 入学金等) 8000 教材費)  
開始日) 04/07〜06/09
開始時間) 10:30〜12:00
曜日) 土曜 回数) 全7回

首都大学東京・飯田橋キャンパス 
キャンパス名 )
飯田橋キャンパス
最寄駅 )
飯田橋

講座名) 建築物の防災設計
講座詳細) 1811G004一般に建築物の構造設計では、大地震に対して建築物が倒壊せず人命が守られることが要求され、コンピュータによる計算等で安全性を確認しています。しかし、建築物が倒壊はせずとも天井の脱落、杭の損傷、地盤の液状化等によって地震後に使い続けることができなくなる建築物も少なくありません。また、近年日本における災害の種類は地震のみならず津波や竜巻等多様化しており、これらの災害に対する建築物の設計法についても未だ発展途上と言えます。
本講義では東日本大震災や熊本地震をはじめとした被害調査による多くの被害事例を紹介し、今後の建築物の設計の考え方について解説いたします。
講師名) 壁谷澤 寿一(かべやさわ としかず)
首都大学東京准教授 都市環境学部
受講料) 10000円 入学金等) 3000 教材費)  
開始日) 04/16〜04/23
開始時間) 10:30〜14:30
曜日) 月曜 回数)  

(1/1)


  

広告
講座登録募集中 メトロガイド メトロガイドに広告を出稿しませんか お気楽温泉ブログ お気楽温泉.com

広告